春分です。桜です。百福くらぶです。

IMG_0360IMG_0276IMG_0283IMG_0290IMG_0305二十四節気では「春分」、七十二候では「桜始めて開く」との説明です。古来より人々に愛でられ、詠まれてきた桜がようやく花が開き始めるころです。鳴き声がたどたどしかった鶯も、すっきりといい声を響き渡らせます。春の穏やかな日に今月も「百福くらぶ」の皆様が「デイサービスこもれび」にボランティアとして来所されました。まず、歌もトークも上手な鎌倉順子さんの「あの丘越えて」の歌からスタートです。鈴木一好さんの民謡、百福くらぶさんの銭太鼓から再び鎌倉順子さんの「南国土佐を後にして」の独唱へ、そして最後に全員で「瀬戸の花嫁」「日本列島百歳音頭」の合唱でフィナーレとなりました。春風が通り過ぎて行ったようなさわやかな一日でした。百福くらぶの皆様、今月もありがとうございました。それから、鎌倉順子さんNHKの「のど自慢」に出場できるようお祈り申し上げております。IMG_0352IMG_0314IMG_0308

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。