触れるケア(タッチケア)こそ介護の基本!!タクティールケアとリンパマッサージ!!!

春の山は、山笑う。夏は山滴る。冬は山眠るです。秋の山が紅葉する様子を「山粧う(よそおう)」と言います。晩秋の今日、京都の与謝野町から 生活リハビリの達人「松本健史先生」が、毎月1回実施している「生活リハビリ」の研修のため「デイサービスこもれび」に来所されました。本日のテーマは、先月に続き「触れるケア」です。現在、「デイサービスこもれび」では、人に触れることを通して癒やす力を効果的に引き出し、その力をケアに使う「タクティールケア」と浮腫対策として効果のある「リンパマッサージ」を実施しています。「リンパマッサージ」は松本先生に看護師が指示を仰ぎ、実践しています。「タクティールケア}は介護職員2名が研修に行ってきました。この二つの「触るケア(タッチケア)」を研究しながら、サービス全般に生かしていきたいと思っています。

MAH01225

MAH01175

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。