俳句と人間性!五七五に見る人生観!!上手い下手を超越!!!

今月の俳句会がありました。今回から一人増えて4人となりました。玄関に貼ってある俳句の短冊を貼り替えました。俳句を作った利用者様は、げんかんの掲示板を皆さん見に来ます。少しはにかみながらも眼光鋭く自分の俳句を見ています。そして、皆さん異口同音に他人の俳句をほめ合います。心和らぐ光景です。(茅原忠子 句)・晩秋の 空を染をり 安井山 ・朝起きの 山茶花の花 わが瞳楽し  (余吾キミ子 句)・名は咲来 孫すこやかに 冬うらら ・太陽の 世界を照らし 亥年終ふ   (高橋ヒサ子 句)・ひとり良し 二人なほ良し 炬燵かな ・散り終へし 銀杏の空の 広きかな  (矢野幸代 句)・媼らを 鳩の案内の 枯野径 ・梵鐘の ひびき沈める 冬ゆふべ    それぞれ味があります。とらえどころと性格、経験や生活歴を垣間見ることができます。

   

最初のコメントをしよう

必須