1本の電話が感動をくれました!!超高齢社会に一番必要なもの!!!

「福祉・介護って本当に良いもんですね!!」昔懐かしいフレーズです。今日、久しぶりにそんな気持ちにさせてくれる出来事がありました。本日匿名の女性から1本の電話がありました。昨日その女性が車を運転していた時、認知症だと思われる高齢者の女の方が道路を歩いていたそうです。その女性は車を止めてその高齢者の方に対応しようとしたそうです。しかし上手く行かず困っていました。その時、「こもれび」と書いた車が止まり、職員らしき女性が車から降りてきて上手く対応してくれたそうです。おそらく「月光仮面」のように見えたと思います。(大昔のヒーローです)その女性は電話でこのように言われていました。「こもれびの職員さんが、認知症であろうと思われる高齢の女の方に接する時の態度や言葉遣いに感動しました。やっぱり介護の仕事をしている方は違うなと感心しました。私の母もそんな施設にお世話になりたいと思いました。」私は、「わざわざお電話をくださいまして、ありがとうございました。本当にうれしいです。」このようにお礼を言いました。雲の上を歩いているようでした。狂喜乱舞です。盆と正月が一緒にきたよう心持ちでした。「これこそ福祉だ。これが介護だ。」自分自身に言い聞かせました。超高齢社会が到来しようとしています。様々な改革が行われています。これから更に激しさが増すでしょう。ただ、福祉・介護にとって一番大切なものが忘れ去られているようなきがしてなりません。

MAH02317

最初のコメントをしよう

必須