高齢者の「尊厳」と「人権」! 職員間の「いじめ」と「無視」!! 良き介護職員とは!!!

先日、全国のどこか忘れましたが、介護施設の職員さんが自らの施設の「いじめ」について告白されていました。仕事の出来ない職員さんに対して、他の職員が厳しく、つらく当たるそうです。そんな訴えだったように記憶しています。福祉や介護の分野においては、他の分野より多いかもしれません。高齢者の方々の尊厳を守り、人権を重んじなければならない職業の人間が、「いじめ」や「仲間外し」をしてはいけません。恥ずべきことだと思います。そこには、高口光子さんの言われる「裏ボス」的存在の人物がいたりします。その「裏ボス」に皆んなが忖度し始めると良い介護ができません。私は7年間、「デイサービスこもれび」に「裏ボス」的人物が現れないように、日々戦ってきました。また、三好春樹さんは「いじめ」が職員間にあるのは、職員の生き方が介護になっていないと言われています。そのとおりだと思います。非常に困難でありますが、「生き方が介護」になっているような介護職員さんが増えていくことを心より願っています。

最初のコメントをしよう

必須