小さな「おもてなし」こそ、福祉の基本!!インフルエンザと認知症対策に一石二鳥か!!!

認知症の方々にとって中核症状(記憶力等)は回復しないと言われています。ただ、介護によってBPSD(問題行動)を抑えることができるとも言われています。問題行動が起きる原因としては、排泄(特に排便)と水分補給が大きいと言われています。私の経験上、80%程度、排便と水分不足だと思われます。「デイサービスこもれび」では、水分補給として「アクエリアスゼロ」と「アクエリアス」を使用しています。「アクエリアス」の方が「アクエリアスゼロ」より30円/2リットルほど高価です。ただ冬場は、「アクエリアス」を飲んでいただいております。「アクエリアス」には「アミノ酸」が入っているからです。少しでもインフルエンザ予防になればと思っています。大きなことはできませんが、小さな「おもてなし」を積み重ねて行きたいと思っています。

最初のコメントをしよう

必須