全身全霊を傾ける「音楽療法」!鬼気迫る必死さ!!これで「コロナウイルス」を迎え撃つ!!!

音楽療法2

四国の愛媛県西条市にも「コロナウイルス」の足音が忍び寄ってきています。「デイサービスこもれび」では、空気清浄機(加湿機能付き)4台、電気分解式次亜塩素酸水噴霧器4台、原液希釈型次亜塩素酸水噴霧器2台、自動使い捨ておしぼり器(アルコール消毒)1台、電気分解式次亜塩素酸水手洗い器2台、等々を設置して万全の体制を敷いています。その上に、利用者様の免疫力強化に日夜励んでいます。毎月、生活リハビリテーションの研修に京都の与謝野町から来ていただいている「生活リハビリの達人」こと松本健史先生から「コロナウイルス」撃退のための標語をいただきました。 ・しっかり運動 ・きっちり栄養 ・ほっこり笑う ・ぐっすり眠る の4標語です。本日「デイサービスこもれび」において免疫力強化の一環として、「クッキング」と週に一度の「音楽療法」を実施しました。歌は毎日、一番最後に3曲を歌っています。「クッキング」はカップケーキを作りました。「音楽療法」は、音楽的レクリエーションを行った後、キャンディーズの「春一番」に合わせてリズム打ちを実施しました。曲のテンポが速く、利用者様(高齢者の方々)は全身全霊を傾けて懸命に取り組んでいました。鬼気迫るものがありました。「必死」という言葉がピタリと当てはまります。この必死さで必ずや「コロナウイルス」を撃退します。「デイサービスこもれび」は「中重度加算」と「認知症加算」も取っています。音楽大学等卒業の職員が2名います。

MAH00135

MAH00147

MAH00149

MAH00154

 

最初のコメントをしよう

必須