介護の大敵は腰痛!味方は股関節の抜き!!股関節の抜きは、武道の極意!!!

スポーツ、武道、武術の体の使い方を、介護の腰痛予防に活かすことが出来ないかを真剣に考えてきました。考えられることが5つほどありました。前回、常に介護者の正面で介助をするため、足の踏み変え、足の差し替えを行う。次に重心移動、体重移動から生じるチカラ、エネルギーを介護に使う。これらの動画を掲載しました。3つ目です。股関節を緩めるということです。股関節のチカラを抜くと、膝関節や足首関節のチカラまで抜くことが出来ます。股関節等のチカラを抜けば、腰にかかる重みや衝撃を緩んだ股関節、膝関節等から逃がすことが出来ます。股関節の柔軟性も大切ですが、いちばん大切なのは股関節等々を緩め、腰を襲う重みや衝撃を逃がすことだと思います。

MAH00887

最初のコメントをしよう

必須