介護の原点は、我を捨てること! お茶くみの心は、「おもてなし」!! お茶くみは、思いやりの心を育てます!!!

「デイサービスこもれび」では、利用者様にお出しする朝の「お茶」は、少し良いお茶をお出ししています。自律神経も副交感神経から交感神経へと変わっていきます。その手助けにもなります。私(代表者)にもお茶を持ってきてくれています。現場の職員さんもよく持ってきてくれます。看護師さんや介護員さんがお茶を持ってきてくれています。初めは、私の仕事ではないと思っていた看護師さんも、本当に自然になんの違和感もなくお茶を出してくれます。いらぬ虚栄心や腐ったプライドが無くなっています。自然体です。その姿は美しく、他の人に安らぎさえ与えてくれます。そこには、間違いなく良いケアや介護が展開されていきます。お茶くみをすると、我を捨てる事ができるようになります。無心でただ相手に美味しいお茶を飲んでもらいたいという気持ちになれます。おもてなしの心が身につきます。「お茶汲み」は本当に素晴らしいと思います。

最初のコメントをしよう

必須