人の見方! 物の見方!! 介護における大切な見方!!! 一人の中に「善」も「悪」も!!!!

先日、「デイサービスこもれび」の昼食に少しだけフルーツが付いていました。「いちご」「キウイフルーツ」それと「りんご」でした。すべてのフルーツの色が鮮やかでした。調理員さんの盛り付けも上手で、フルーツの存在を更に引き立てていました。写真を撮ってみました。四方八方から撮ってみました。あることに気が付きました。写真を撮る角度によってフルーツが、同じものであるようにも見えるし、別のもののようにも感じれる。不思議でした。人も、人間も同じかとも思いました。この人あんなに良い人なのに、こんな悪いところもあるの。またもう一方で、あの変な人、悪いとこばかりかと思っていたのに、こんな良いところもあった。こんなことを感じることも多々ありました。見方によって人の価値等々が変わりました。できるだけ人の良いところを見る。大切なことだと思いました。「介護」においては、特に重要だとも思いました。

最初のコメントをしよう

必須