コロナウイルス爆発的感染!3本の矢で対峙!!毛利元就に学ぶ!!!

いよいよ「新型コロナウィルス」が姿を現そうとしています。オーバーシュート(爆発的感染)が目前に迫っています。高齢者が感染すると、重体になる確率が高いと言われています。「デイサービスこもれび」においても、様々な対策を講じています。ただ、最も大切なものは、「利用者様を絶対に守り抜くという施設の強い意思と、職員一人一人の気概」だと思っています。毛利元就曰く「矢は3本になると強い。」少し当て違いのところはありますが、私の思う3本の矢をご紹介いたします。コロナウイルスに対する「デイサービスこもれび」の1本目の矢、「オーバーシュート(爆発的感染)」が起こった時、利用者様に何が出来るかを考えておく。当然、行政やケアマネージャーの方々と相談の上にです。2本目の矢、攻めます。攻撃的感染症対策です。利用者様の免疫力や抵抗力を高めることです。それによって利用者様自身でコロナウイルスに打ち勝っていただきます。方法は自律神経を調整することです。「デイサービスこもれび」においては様々なプログラムを実施しています。これに関しては、次回以降にご紹介いたします。さあ、3本目の矢です。「水際対策」、デイサービスこもれびに、コロナウイルスを侵入させないということです。受けです。防御的感染症対策です。「デイサービスこもれび」の水際対策を動画にしております。どうか見て下さい。先ず、アルコールスプレー、マスク、電気分解式次亜塩素酸水用手洗器 2台、自動使い捨ておしぼり器(アルコール剤使用)、電気分解式次亜塩素酸水噴霧器 4台、原液希釈用次亜塩素酸水噴霧器 2台、空気洗浄機(加湿機能付き) 4台、その他、送風機で空気を対流させ、換気扇で室内の空気を排出しています。これで十分だとは思っていません。他にもいい方法はないかいつも模索しています。ぜひ動画を見て下さい。

感染症MAH00219

最初のコメントをしよう

必須