インフルエンザとコロナウイルスを迎え撃つ! さあ出陣!!出でよ「こもれび」の戦士たち!!!

「デイサービスこもれび」で毎月「生活リハビリ研修」を実施しています。その研修の講師として京都の与謝野町から、生活リハビリの達人こと「松本健史先生」が来られています。松本先生のユーチューブに今回、「介護施設にコロナウィルスが来る前に」というお話が掲載されました。対策として ①感染症予防 ②体温を上げる ③栄養の考察 ④休息と免疫 の4つだそうです。インフルエンザとコロナウイルス、戦いがいがあります。迎え撃つ「デイサービスこもれび」の戦士達をご紹介いたします。1、感染症対策として ①飛沫感染には、マスクの無料配布、②接触感染には、アルコール消毒、電気分解次亜塩素酸水による手洗い、自動おしぼり器(アルコール消毒剤入)のおしぼりで手拭き 取っ手 机等を拭き取り清掃する。③空気感染には、空気清浄機4台、電気分解次亜塩素水噴霧器4台、除菌消臭水噴霧器2台、 2、体温を上げる。①赤外線足温器、②レクリエーション、武道体操等各種体操、機能訓練、③入浴(人工温泉)、  3、栄養の考察 ①カロリーが多めの食事、栄養補助飲料の提供 ②水分補給の徹底(スポーツドリンク等の提供)、 4、休息と免疫 ①必要なかたには昼寝等の実施、②呼吸体操等で自律神経を整える、③音楽療法、回想法等により免疫力を高める、④健康器具を使ったリラックス効果により免疫力を高める、(ウォーターベッド、メドマー、磁気加振式温熱治療器、足つぼマッサージ器、携帯用マッサージ器、等々まだまだありますが、説明しきれません。とにかく全力投球でインフルエンザとコロナウイルスを阻止します。戦いは続きます。

音楽療法5音楽療法3プロキュアZ足つぼマッサージ器(足裏用)

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。