「書院造り」と「塩サバ」!深遠な味「塩サバ」!!「塩サバ」は日本人の郷愁を誘います!!!

「侘(わ)びと寂(さ)び」、「光より影を」、「白と黒の世界」、これらを体現したものが、「書院造り」であり、「水墨画」や「書道」です。質素の中にもほのかな優しさや泰然とした落ち着きを感じます。料理の中にも同じような感覚を与えてくれるものがあります。「塩サバ」です。質素ですが、落ち着きがあります。妙に日本人の郷愁を誘います。本日の「高齢者住宅こもれび」の昼食です。「塩サバ」の横に緑色の「フキ」二本が添えられています。白い少量の「大根おろし」も一緒に添えられています。その添え物が、料理の寂しさを心地よい落ち着きへと変えていきます。その落ち着きが、シンプルな料理を「奥深い質素さ」へと導いてくれます。

最初のコメントをしよう

必須