「春告草」が春を告げにやって来た! 陽の光が優しくなった!! 白梅は「凛」としている!!!

暦の上では「立春」になりました。外はまだ肌寒さを感じます。ただ、日差しは確実に明るくなっています。部屋の中にいるため外の寒さは感じません。日光の明るさだけが目に入ってきます。その光は微笑んで、あたかも私達を外へ誘っているようにも思えます。山も楽しそうに見えてきました。中国の詩人が春の山を「山笑う」と言っています。「デイサービスこもれび」の前の梅が咲いています。「春告草」です。蕾も耐えに耐え、出番は今か今かと待ちくたびれています。「東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れぞ」、梅といえば菅原道真公の「飛梅伝説」が脳裏をよぎります。哀愁を漂わせながらも「凛」としている梅の花、心が洗われるような気がします。白梅です。   ※この白梅が私に語りかけます。どんな「誹謗中傷」があっても動じること無く「一所懸命」に生きろ。利用者様のため、高齢者の方々のために!!私もそう生きようと思っています。

最初のコメントをしよう

必須