「幸福は食にあり」 デイサービスの食事は、少し多めが良い!!

季節も立冬になり、小雪へと変わろうとしています。ただ、紅葉もこれから始まります。秋の名残がそこここに顔をのぞかせています。食欲もまだまだ健在です。日本の食事は五感で味わいながら食します。目で色彩を楽しみ、鼻で香りを臭覚に入れ、手で触れ味を想像し、耳で周りの感嘆の声を聞きます。最後に口で味わい幸福感を持ちます。高齢者の方々の昼食の熱量は600キロカロリー程度(体重等により異なる)と言われています。「デイサービスこもれび」では約700キロカロリーの昼食を提供させていただいています。理由は、一般的に自宅での食事量が少ない傾向にあるということです。「こもれび」の食事量は多めです。味に自信があるので、利用者様はほとんどの方がいつも完食です。集団心理で、たくさんの人の中では食が進みます。「デイサービスこもれび」では、「幸福は食にあり」と言う信念の下、利用者様に「生きていて良かった。」と言っていただけるような食事を常に追求しています。

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。