ハーモニカを聴きました。心が落ち着きます。

CIMG4460CIMG4465CIMG4464CIMG4461CIMG4474CIMG4508CIMG4501CIMG45092月27日の土曜日にアンサンブルハーモニー「だんだん」の方々がハーモニカの演奏のため「デイサービスこもれび」に来所されました。演奏曲も「うれしいひなまつり」「四季の歌」「バラが咲いた」「人生いろいろ」「好きになった人」と童謡から演歌までレパートリーが広いものでした。ハーモニカはオルガンの調律用に作られた道具が起源とされていますが、音はシンプルですが奥深く感じます。ハーモニカの音色を聴いていると妙に心が落ち着きます。哀愁を感じ、古き良き時代を思い出します。また、「だんだん」のグループの方達の品位が一層私たちの心を和ませてくれました。利用者の方々もアルファー波を存分に感じていました。認知症予防にも大変有効だったと思います。利用者の方々も郷愁を感じながら、最後は「ふるさと」をみんなで合唱しながら幕が下りました。人は外界からの刺激によってこんなにも情緒が安定するのか、こんなにも表情が柔和になるのかと感心させられた1日でした。

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。