「銀杏黄葉、いちょうもみじ」と夕日、日本人の感性に問う!!

img_2175img_2155種を播くのが遅くなり、花が咲かないのでは、と心配していたコスモスが「デイサービスこもれび」の「お花畑」に咲き始めました。開花を諦めていたので、咲いた時の喜びもひとしおですimg_2177img_2170img_2171img_2191img_2189img_2190img_2195img_2199。また、隣接する貴船神社にある銀杏の木も鮮やかに黄葉しています。銀杏が色付くことを「銀杏黄葉、いちょうもみじ」と言うそうです。私は夕日に照らされた「銀杏黄葉」を見るのが一番好きです。これから本格的な厳冬を迎えようとしている夕日に照らされた「銀杏黄葉」は何とも言えない趣があります。この写真は日が沈む1時間前と直前に撮ったものです。同じ「銀杏黄葉」でもこれだけ表情が異なります。これは「諸行無常」世の中が絶えず動いているのか。それとも、人の感傷的な思いから感じられるものなのか。どちらにしても日本人に生まれたことを本当に幸せだと感じることのできる一時です。「デイサービスこもれび」には心癒される自然がたくさんあります。

最初のコメントをしよう

必須

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。